就職や転職ができる可能性が高い会計士の仕事とは

働く時間を決められる

主婦

会社などで働く際の契約形態には、いくつかの形態があるがその1つとしてあるのがパートタイムである。パートタイムは、正社員に比べ勤務時間が短く、勤務時間についても比較的自由に設定できるという特徴のある契約形態である。仕事内容については、正社員に比べ、単純な労働部分を担うケースが多くなっている。正社員では、意思決定する必要がある部分やメンバを取りまとめする立場として働くことが多い。これに対し、パートタイムでは正社員の元で支持を受けながら働くケースや、同一の内容を繰り返し行う部分の業務を担うということがある。パートタイムの扱いは、会社により大きく異なっている。会社によっては、ボーナスが支給されるなど正社員と同等の処遇である場合や、有給などが設定されていることもある。また、勤務時間については正社員よりは縛られないが、時間がある程度決められているということもある。但し、正社員とことなり、遠隔地への転勤などについては無いということが、大きな違いとしてある。日本全国で展開している会社などでは、正社員は地域限定社員などを除きどの場所での勤務になるかは会社の指示によるものになる。これに対して、パートタイムでは求人応募し採用されたお店や場所などで働くことが基本となる。また、パートタイムでも長期に渡り働いていることで社員となるケースや、アルバイトを取りまとめるなど責任ある仕事を担うケースもあり、状況により様々である。